カラフルに?シンプルに?ホームページをオシャレに見せる色選びのコツとは

白と黒だけでシンプルにするのもオシャレ

カラフルな色使いをするのもいいのですが、配色のセンスが強く問われてくることとなります。配色センスに自信がないなら、そもそも最初から多くの色を使わないという選択肢もありでしょう。たとえば、白と黒だけでホームページを作ったとしても、かなりオシャレな印象を与えることができるのです。
モノトーンデザインというのは、有名なブランドでもよく取り入れられているもので、シックな高級感を演出するのには最高です。大人な感じのホームページを作りたいなら、白と黒のみで、色をあまり使わないようにするというのもいいかもしれませんね。白と黒だけなら、誰にでもオシャレなデザインが構築できるでしょう。配色センスも何も必要がないので便利です。

ホームページの内容に合った色を使うのがベスト

ホームページと一口に言っても、その種類は様々でしょう。たとえばマリンスポーツについてのホームページなのに、赤やオレンジばかりを使ってしまうと違和感が大きくなってしまいます。やはりマリンスポーツについて紹介するホームページなら、そのイメージに合った青系の色を使っていくのがいいでしょう。
ホームページの内容と、配色というのは切っても切れない関係にあると考えておくのが妥当です。関連性の薄い色使いをしてしまうと、そのホームページの価値が下がってしまうこともあるので要注意です。きちんとイメージ通りの色を使っていくというのが基本線になりますね。無理をして自分のデザインを押し付けるのではなく、そのサイトに求められる色を適宜配置してあげるのが賢い方法になります。